株式会社 高島テクノロジーセンター

美しく豊富な自然を有するこの日本の中で、人々が日々生活し、豊かな地域文化を創り上げています。このような魅力のある国土を次の世代につなぎ、また自然災害等の脅威から国民の生命を守り、様々な課題に対し真摯に向き合っていくことが、我々建設コンサルタントに課せられた使命です。

株式会社高島テクノロジーセンターは昭和48年(1973年)に橋梁の調査・計画・設計専門のコンサルタント会社として設立され、間もなく50周年を迎えようとしています。創立以来、国内の社会整備の進展に伴って道路・河川砂防・上下水道・空港港湾・トンネル・都市計画・施工計画等の登録を行い、総合建設コンサルタントとして発展拡大してまいりました。また一級建築士事務所・測量業・地質調査業の登録も加えて数多くの実績を積み、発注者の方々の良きパートナーとして信頼を重ねてまいりました。

近年日本は、自然災害の多発、高度経済成長期に整備されたインフラの老朽化、環境問題への対応など、様々な社会的課題を抱えています。人口減少や少子高齢化、また財政健全化の下で公共事業への投資が限定される中、インフラ整備の選別、長寿命化、国土強靭化など、我々に求められる課題はたくさんあります。これらに対し、コンサルタント技術者には益々広範かつ総合的な高い技術力が求められています。

弊社は、創立以来培ってきた橋梁等構造物診断の経歴を豊富に有しており、既設構造物の調査・分析・補修計画はもちろん新設構造物に対してもこれらの経験を活かし、構造物のライフサイクルを見据えた総合的な判断により効果的で最適なアセットマネージメントの提案を行ってきました。

現在の社会資本整備は、未だ自然災害に対して脆弱で、整備水準も先進諸国に比べて不十分な状態にあり、このことから今後も国民の生命と財産を守り、将来の発展のための柔軟的でかつ効率的な公共事業投資の促進が必要です。弊社もこれまでに蓄積してきた技術に加えて、これからも更なる研鑽を積み、発注者をはじめすべてのお客様からの信頼を得る努力を続けてまいります。

代表取締役社長 遊 佐 浩 幸


CONTACT

技術に関するご相談やご質問を承っております。お気軽にお問い合わせください。