就職活動中の皆さんへ

  • 技術職希望の皆さんへ

    学校で学んだことは、土木の概要理解と基礎学力の学習です。

    土木工学は経験工学ですから、いかに多くの経験が出来たかが重要なのです。


    また、土木施設は、道路・橋梁・河川・下水道・港湾などそれぞれ個別の施設のように思われますが、実は相互に密接にかかわっています。


    例えば橋梁設計の部門であれば、ただ形式決定や構造計算をしているばかりではなく、道路の一部であること、河川上の架橋あれば河川環境や周辺景観との調和など、幅広い視野をもって、複合的、総合的に計画・設計することが肝心です。


    当社では、常に部門間で意見調整を行い、最適な設計を行える体制をとっており、広い視野を持てる技術者の育成に努めております。


    どうか国民のために素晴らしい国土を創っていく夢を実現できる仕事にチャレンジしてください。

  • 代表取締役社長 遊佐 浩幸

    代表取締役社長 遊佐 浩幸

営業職希望のみなさんへ

株式会社高島テクノロジーセンターは国や地方自治体のパートナーとして、道路・橋梁・河川・下水道・港湾などの公共インフラについて、公官庁からの委託により計画・設計する総合建設コンサルタントです。

建設コンサルタントの仕事は、専門技術者だけでは成り立ちません。それぞれの公官庁が抱えている課題(道路の渋滞・交通の安全対策、河川の氾濫等の災害対策など)を情報として聞き取り、対策案を技術部門と連携して検討し、業務の提案や見積書として提出します。これらの重要な業務を営業部門が担っています。


公官庁の予算措置のお手伝いや、入札業務、業務受注後の技術者と客先とのパイプ役、竣工検査の立ち合い、業務完了後のアフターフォローなど、最前線に立つのは常に営業マンです。


事業の始めから、完成まで立ち会える実にやりがいのある仕事です。顧客とのコミュニケーションの好きな方を求めています。

計画策定支援業務職希望のみなさんへ

国の指導により各地方自治体が実施する 福祉・健康事業(地域・高齢者・介護・健康障害者)
及び子育て計画などの地域計画を、自治体職員のパートナーとして委託を受けて支援する業務です。

当社がこれまでコンサルタントとして培ってきた基盤整備、まちづくりなどの実績を生かして、地域計画を策定する有意義な事業に参画してみませんか。

インフラサポート(施工管理)職希望のみなさんへ

インフラサポート職は官庁及び民間が発注する土木施設(インフラ)工事の施工管理を行う仕事です。
官庁発注工事の施工管理業務については委託業務として受注しますが、一・二級土木施工管理技士などの資格が必要なことから、
まずはゼネコンが受注した工事の現場管理補助要員として経験を積み、資格取得にチャレンジしていただきます。

施工管理業務は工事が設計に基づいて正確に施工されるようチェックすることと、
現場の状況に応じた設計の変更などが主な仕事で、インフラが完成するための非常に重要でやり甲斐のある仕事です。


施工管理職は常に建設現場で必要とされる人材のため、将来的にも有望な職種です。


CONTACT

採用に関するご相談やご質問を承っております。お気軽にお問い合わせください。

※計画策定支援業務の2023年4月新卒採用は現在実施していません。

  • お問合せフォーム
  • 〒220-6209
    横浜市西区みなとみらい2-3-5
    クイーンズタワー C-9

    045-212-9590

    ma22-otabe@t-tech.co.jp

    採用担当 小田部